注目度ランキング

最新案件、注目案件をランキング形式でご紹介しています。
>>ビットパルテノンの注目度ランキングはこちら

トレードコインクラブ

2017年2月26日
HYPEではない、金融ライセンスもちゃんとある会社です。

 

始まったばかりのサービスですが、200ヵ国、3万3千人が参加しています。
世界では、12月15日にプレオープンされていて、5月に正式オープンです。
参会者はアメリカ、日本、ブラジルの順で多いです。

 

本社は、ベリーズという国にあります。
創業者は4名いて、ポルトガル人、ブラジル人、アメリカ人です。

 

2005年からあるFXの会社が始めたMLMです。

 

MLMの仕組みを使ったビットコイン系のビジネスです。
暗号通貨のトレードによって出た利益を配当する仕組みです。

 

手数料は、結構かかりますが、出た利益から会社が成り立つように計算されているということです。
きちんとした運営をしているということは安心です。

 

HYPEを経験している人からすると、25%の手数料「え?!」と思うかもしれませんが、そこが良いところです。

 

トレードコインクラブの詳細はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【TCC誕生の経緯】

 

創業者兼オーナー アルマンド

 

TCCの前身は、ベリーズで2005年に設立された「トレード バイ トレード」というFX会社
現在も存続している

 

「トレード バイ トレード」
http://tradebytrade.com

 

アルマンドは、「トレード バイ トレード」の創業者であり、現在もCEO

 

そのアルマンドが、これからは暗号通貨が主流になると見越し、暗号通貨のトレードシステムの開発に着手、非常に優れた暗号通貨トレードシステムを開発する

 

「トレード バイ トレード」は、自社サーバーや、トレードに必要なプラットホームは全て所有しているが、クライアントを集めるためのシステムだけを持っていなかった
そこで、クライアントを集めるためにMLMを採用

 

2016年6月に、世界的なMLMのトップリーダー4人を招集
彼ら4人をマスターディストリビューター(会社直のディストリビューター)とし、彼らと2016年6月〜11月までの5ヶ月間に渡り協議、システム構築したのがトレードコインクラブ(TCC)

 

暗号通貨の自動トレードシステムとMLMを融合した、新しいビジネスモデルの誕生

 

2016年12月15日 プレローンチをスタート

 

現在4人のマスターディストリビューターが、世界ツアーと題し、世界を周りTCCを拡げている

 

会員数は、プレローンチから60日間で、200カ国32000人を突破

 

◎正式オープンは、2017年5月
オープニングイベントをマカオで開催

 

現在は、プレローンチ期間で、システムの検証中
バグや不具合を、会員からの声を聞きながら、随時修正、アップグレードしている段階
現段階では、マニュアルもシステムも不完全なので、今後変更になる可能性は大いにある

 

【日本市場】

 

パイオニアは、許英男(通称:坪本英男)さん

 

元々、金融、ITのコンサルティング会社に勤務
FXの自動売買ソフト開発、MLMにも精通している人物

 

2017年1月27日 TCCベリーズ本社 訪問
4日間に渡り、創業メンバーから直接TCCについての説明を受け、確信を持って日本に拡げている

 

現在のバックオフィスアクセス数ランキング
1位 アメリカ
2位 日本
3位 ブラジル

 

【運用について】

 

暗号通貨(ビットコイン他、9種類のアルトコイン)の自動トレードシステムを用いた運用
※トレードされるコインの種類は、今後増えて行く可能性あり

 

デポジットされたお金は、基本的にはシステム利用料なので、利用期間が終わったあとに戻ってくるもではない
しかし、デポジットされたお金の半分が投資元本になっている
※別途登録料0.05ビットは必要

 

デポジットされたお金の内訳
45% コミッション支払原資
5% キャリアプラン支払原資(残りは会社利益)
50% 運用原資

 

システム利用期間
Apprentice 8ヶ月間
Trader 12ヶ月間
Senior Trader 12ヶ月間
※アップグレードは可能だが、利用期間は登録からカウントされる

 

月〜金の運用により利益が、日々配当される
(土日の運用益は、会社利益)

 

運用益は変動だが、スタート60日間の平均は、日利0.6%〜0.7%
(運用原資から計算すると、日利1.2%〜1.4%)

 

配当は、会員種別により最低日利0.35%〜0.45%が保証されている

 

会員は、4ヶ月に一度、運用の純利益の25%を取引手数料として引き落としされる

 

また、利益が0.25%を超えた会員は(トレード利益、コミッションの累計)、システム利用料を毎月支払う必要あり
会員種別により0.015BTC〜0.045BTC

 

なお、出金手数料は8%

 

デポジット金額の5倍の利益(トレード利益、コミッションの合計)を得たらその時点で契約終了だが、自動的にデポジット金額と同額が引き落としされ、自動更新される

 

※各種手数料や、更新料は、自動で引き落としされるが、残高不足の場合はマイナス反映される
今後の利益が充当されていくので、アカウントに残高を残しておかなくても問題ない

 

運用のバックデータは現在はスタートしたばかりなので無い

 

トレードシステムは、日々のデータをリアルタイムに自動で取り込んで最適化されている

 

【報酬プラン】

 

※MAXの報酬を得るには、Senior Traderになる必要あり
コストは、登録 料込で5.05BTC
途中でのアップグレード可能

 

1、直接紹介ボーナス
報酬率10% 会員種別により上限あり
Senior Traderは無制限

 

2、間接紹介ボーナス(ユニレベルボーナス)
会員種別により最大8段

 

3、バイナリーボーナス
会員種別により、報酬率8%〜10%、デイリーMAX2BTC〜15BTC

 

4、マトリックスボーナス
月会費が原資
報酬受取条件は、累計0.25BTC以上の利益を得て、月会費を支払っていること
3系のマトリックスマップに入っている会員の月会費から、1人あたり0.003BTCが毎月入る
報酬対象は、会員種別により4段〜12段
ユニレベルマップ、バイナリーマップとは別に、マトリックスマップが構築される(左上から順番に埋まる)
スピルオーバーの可能性もあり
月会費は、月末徴収で、報酬は翌月初支払

 

5、チーム更新ボーナス
自分以下の会員が、デポジット金額の5倍を得ると(トレード利益、コミッションの合計)、自動的に再度デポジット金額と同額が引き落としされる(自動更新)
その売り上げは、上位者に再度反映され、直接紹介ボーナス、間接紹介ボーナス、バイナリーボーナスが得られる
自分以下の会員が稼げば、稼ぐほど、上位者は何回もボーナスが得られる仕組み

 

6、キャリアプラン
バイナリーの左右のバランスで判定されるタイトル
毎月締めで判定される
タイトル達成者には、各褒賞が与えられる
達成条件は、直接紹介3人以上
売り上げは、35%で計算される
パワーラインにも5%の自分から直接の売り上げが必要

↓  ↓  ↓  ↓

MLMはネット集客の時代