ビットコインとは

未来の通貨「ビットコイン(Bitcoin)」 お金の流れが変わる!?参照:YouTube

 

そもそも仮想通貨とは

ここ数年で徐々に認知度が拡大し、話題に昇ることも多い「ビットコイン」。一言で言いますと、これは、「いま世界で最も主流の仮想通貨(正式には、暗号通貨)」です。

 

そもそも仮想通貨とは何を意味するのか、数ある仮想通貨の中でビットコインはどういうポジションなのか、国内ではどういった所で取引が可能かという点について、順を追ってわかりやすく解説していきます。

 

仮想通貨の特徴を掴むポイントは、3つあります。以下、順を追って解説します。

 

まず、通貨の発行・管理主体が国の政府・中央銀行ではないという点です。通常、通貨と言えば、日本政府が発行する日本円などを指します。一方で、仮想通貨には、「日本政府」のような単一の発行・管理主体というものがありません。ここが理解しづらい所なのですが、仮想通貨の発行と管理は、「インターネットを通じて、仮想通貨をやり取りしているユーザー全体」で行うというシステムになっているのです。

 

次に、政府発行通貨ではないが、世界中で様々な財やサービスを購入できるという点です。通常、日本円は日本国外で財やサービスの購入に使えません。ところが仮想通貨…例えばビットコインであれば、世界中のビットコイン対応店舗で決済できます。もっと言えば、ビットコイン取引をしているユーザー同士であれば、個人対個人であろうと個人対企業であろうと、世界中で自由に取引ができる仕組みになっています。

 

最後に、リアルのお札や貨幣の形をとらず、電子マネーのように、インターネットを通じて取引されるという点です。政府発行通貨は、百円玉や一万円札などの形をとって発行されています。一方で仮想通貨は、もとから「インターネット上で運用・管理される」という形でしか存在せず、実際に形ある硬化・紙幣として存在しません。「電子マネーの形態しかなく、スマホやPCを経由してネットで管理・運用・決済するもの」と捉えるとわかりやすいです。

 

仮想通貨界隈における、ビットコインのポジション

上記のような特徴を持つ仮想通貨ですが、ビットコイン以外にもイーサリアム、ライトコインなど、20超もの種類が世界で流通しています。

 

ただ、それらの中でも一番有名かつ普及しており、発行量が多く仮想通貨の代名詞として用いられることも多いのがビットコインです。2016年現在で、シェアにして仮想通貨市場全体の8割超を占めており、安定感もあります。

 

ですので、これから仮想通貨を利用してみようという初心者の方が入る入口としては、ビットコインの取り扱いから入るのが最も安全な選択肢と言えるでしょう。マイナーな仮想通貨を購入すると、通貨価値が将来的に膨れ上がり大化けする可能性もある反面、通常の買い物に利用できる店舗がなかったり、投機マネーに翻弄されて通貨価値が下落する可能性もあり、よりハイリスク・ハイリターンです。

 

ビットコインを入手し、利用し始めるには

現実の通貨で外国為替市場が存在し、ドル円の売買がなされているように、仮想通貨を取り扱う市場もまた存在し、円やドルといったリアルマネーでの売買がなされています。そして、こうした取引を行うための場所として、民間企業によって取引所が設けられており、そちらで購入が可能です。日本円/USドルがJPY/USDと表記されるように、ビットコインはBTCと表記されます。

 

現実の円やドルの価値も常に変動しているように、ビットコインに代表される仮想通貨の価値も常に変動しています。また、上記の説明中では割愛した、仮想通貨ならではのシステムの特殊性というものもあります。まずは取引所のいずれかに登録し、少額でビットコインを購入し、システムの仕組みについて理解を深めていくのがよいでしょう。

ビットコインの買い方

取引所に登録し、アカウントを開設する

仮想通貨であるビットコインは、日本円などのリアルマネーと異なり、現実世界に形をとって存在していません。あくまでインターネットや、個々のPC・スマホなどに記録されて存在するバーチャルな通貨ですから、その取り扱い方や入手方法も、自ずとリアルマネーとは異なるのです。

 

例えば現実の生活で、日本円でUSドルを購入したい場合には、銀行や空港にある両替所に行くことが一般的でしょう。また、オンラインの外国為替市場での売買でも入手できます。

 

一方、ビットコインは仮想通貨ですから、前者のような窓口両替所のようなものが存在せず、後者のようなオンラインの仮想通貨取引所で購入するという手段が一般的です。そのため、まずは取引所に登録し、アカウントを開設する必要があります。

 

取引所は民間企業によって開設されており、複数存在しています。取引所によって、手数料率も変わってくるため、条件などをよく比較したうえでの開設がおすすめです。比較検討しても、どの取引所を選べばよいかわからない場合は、初心者のほとんどが登録しているような、大手の取引所を選んでおくと失敗も少ないでしょう。

 

こうした取引所でアカウントを開設すると、「ウォレット(=財布の意)」が作られます。取引所内で売買されたビットコインの残金や入出金管理などは、このウォレットを介して行われることになります。これでビットコインを購入することができるようになります。

 

ただし、ビットコインの購入にあたっては、携帯番号認証などの手続きが必要になることもあります。大抵は、手のかかる面倒なものではなく、サッと済ませられる簡単な手続きですが、取引所によって異なることもあるため、登録する取引所の案内をよく確認するようにしましょう。

まずは取引所に登録しよう!

取引所って何?

ビットコインを購入するには、取引所に登録する必要があります。
取引所とは、まず日本円を銀行から送金して、その日本円をビットコインに換金してくれる所です。

 

取引所というと、どこか銀行のような所に出向いて、手続きをするようなイメージをするかもしれませんが、そのような作業は必要ありません。
全て、インターネットで完結してしまいます。

 

取引所を教えて!

実は取引所とは1つではなく、いくつかあります。
有名なところでは、ビットフライヤー、コインチェックなどです。

 

その中でも、今日本で、一番使っている人が多いのは、ビットフライヤーです。
月間取引量、資本金においても最大となっています。

ビットコイン取引所比較表

日本の主要取引所一覧
取引所名 日本円出金手数料 ビットコイン出金手数料 詳細
GMOコイン 無料 無料 詳細
ビットフライヤー 216円〜756円 なし 詳細
コインチェック 400円〜756円 0.0005btc 詳細
bitbank 324円 0.0005btc 詳細
zaif 350円〜756円 0.0002btc 詳細
BTCBOX 0.5%(最低400円) 0.001btc 詳細
みんなのビットコイン 500円 無料 詳細
QUOINEX 500円 無料 詳細

ビットコインFX(仮想通貨FX)とは

ビットコインFXの概要

ビットコインFXとは、名前の通りビットコインを利用して行うFX、証拠金取引のことを言います。

 

通常のビットコイン投資は、ビットコインを取り扱う取引所でビットコインを購入し、自分が持っているビットコインの価格が上がれば利益が出て、下がれば損失が出るというシステムです。

 

ビットコインFXでは、レバレッジを使った取引が可能で、取引所にもよりますが、最大で25倍のレバレッジをかけることができます。

 

レバレッジを利用することによって、投資金額よりも大きな額のビットコインを運用することが可能になりますが、その分負うかもしれない損失も大きくなります。
レバレッジ25倍のビットコインFXであれば、獲得できる利益が25倍になりますが、損失も25倍になるという、いわゆるハイリスク・ハイリターンの取引が可能になります。

 

ビットコインFXのメリット

ビットコインFXの1番のメリットは、先ほど紹介したように、自己資金の数倍ものビットコインを取引できるという点です。

 

自分が持っている自己資金が30万円の場合、ビットコインFXで25倍のレバレッジを使って取引すれば、750万円分ものビットコインを取引することが可能です。

 

従って、少ない投資金額で大きい額のビットコインを取引したいという方は、通常のビットコイン投資よりも、上手く売買できれば非常に効率の良い方法だということが分かります。

 

ビットコインFXのデメリット

ただし、ビットコインFXにはデメリットももちろんあります。
むしろ、通常のビットコイン投資にはなくて、ビットコインFXにはあるデメリットを、しっかりと把握しておかなくてはいけません。

 

レバレッジ取引ではないビットコイン取引では、自己資金以上のビットコインを取引することはできない代わりに、元本以上の損失が出ることもありません。

 

しかしビットコインFXは、自己資金以上の取引ができる代わりに、元本割れ(元本を超える損失)が発生する可能性があります。
つまり、自己資金がマイナスになる可能性があるということです。

 

ビットコインFXの基本的な用語

・レバレッジ
自己資金の投資効率を上げるビットコインFXならではの制度で、最大25倍まで自己資金以上の取引が可能になります。

 

・証拠金(必要証拠金)
ビットコインFXを行う代わりに、担保として取引所に預ける資金のことを言います。

 

・ロスカット
損失が大きくなったときに、これ以上の損失が出ないように、取引所によって強制的に執行されるポジションの決済のことを言います。
取引所によって、ロスカットが執行される「証拠金維持率」が異なり、そのパーセンテージを下回ると執行されます。

ビットコインFX(仮想通貨FX)のやり方と、始め方は?

ビットコインFXを始めるには業者を決定し、アカウントを作成する

ビットコインFXを始めることが決まったら、まずはどこの業者のビットコイン取引所を利用するか決定します。
各業者によって、ビットコインFXのルールには違いがあります。
自分に合っている業者、興味がある業者、信頼性がある業者などさまざまな角度から吟味して、決定しましょう。

 

評判と人気が高い業者は、GMOコイン、Coincheck、bitFlyerなどが挙げられます。
利用する業者が決まったら、その会社のビットコインFX取引所のアカウントを作成します。

 

アカウント作成後、取引を開始するまでのルールも、業者によって微妙に違います。
bitFlyerでは、証拠金を入金すれば、すぐにビットコインFX取引を開始することができます。

 

ビットコインFXのやり方

ビットコインFXは、まずポジションを建てるために、ビットコインと通貨のレートを確認しながら、エントリーするポイントを探るところから始まります。

 

注文方法は、価格を指定せずに現在のレートでエントリーする「成行注文」や、価格を指定してエントリーする「指値注文」などがあります。
エントリーしたポイントから価格が上昇すれば利益が出る「ロング」、下降すれば利益が出る「ショート」のどちらかでエントリーをして、その後ポジションの状況を確認します。

 

利益が出ている状態(含み益)で決済注文すれば利益が獲得でき、損失が出ている状態(含み損)で決済注文すれば損失が出るという仕組みです。
含み益をすぐに決済して獲得することを「利食い」といい、含み損を最小限に抑えるためにすぐに決済してポジションを終了させることを「損切り」といいます。

 

ビットコインFXでは、この利食いと損切りのタイミングをいかに冷静に判断できるかが、利益獲得の鍵になってきます。

 

ビットコインFXのメリット、デメリット

ビットコインFXは通常のFXに比べて、相場変動の幅(ボラティリティ)が激しく、変動するポイントを見極めることができれば、大きく利益を獲得できるメリットがあります。

 

また24時間365日取引が可能なので、通常のFXのように市場のオープン時間、クローズ時間を気にする心配がありません。

 

デメリットは、まだまだ流動性が低い取引市場なので、状況によってはなかなか取引が成立しないという点です。
そして、ビットコイン取引所が破綻すると、トレーダーの資産がすべて返却されないという危険性もあります。
2014年、マウントゴックス社という、当時の世界最大手取引所が破綻したという過去もありますので、可能性がないとは言い切れません。

ビットコインFX(仮想通貨FX)で稼ぐには?

ビットコインFXの稼ぎ方は極めて簡単

ビットコインFXで稼ぐ、利益を上げるには、ビットコインの価格が上がっているときに購入するか、価格が下がっているときに売却します。
利益を上げる方法は、通常のFXや株式となんら変わらず、極めて簡単です。

 

通常のFXや株式と違うところは、ビットコイン市場ならではの「半減期」と呼ばれる現象です。
ビットコインは、約10分に1回、新たなビットコインが市場に追加されます(上限は50BTC)。
これは「採掘」と呼ばれ、約4年ごとに採掘によって、市場に追加されるビットコインの量が半減します。
この現象を「半減期」と呼びます。

 

この半減期に、ビットコイン市場は独特の値動きを見せ、以前の半減期と今回の半減期で、相場が同じように動くとは限りません。
通常のFXや株式でいう、「経済指標の発表時」のように、市場が普段とは違う動きをするということを、しっかりと頭に入れてトレードを行います。

 

相場の値動きをチェックしながら売買ポイントを探る

市場が通常通りの動きを見せているときは、相場の値動きをチェックしながら、「上がりそう」、「下がりそう」というポイントを見極め、エントリーしていきます。

 

ハッキリ言って、自分でしっかり予想したときでも負けるときはありますし、偶然自分にとって有利な相場に転じて、利益を上げられるときもあります。

 

勝率を上げるには、テクニカルチャートを駆使して、上昇傾向のときに起きやすい現象、下降傾向のときに起きやすい現象を素早く察知しましょう。

 

テクニカル指標には何十、何百という種類があり、自分が使いやすいと思う指標は人それぞれです。
またテクニカル指標は、1つしか使用してはいけないというわけではありません。

 

複数のテクニカル指標を組み合わせて、自分だけのオリジナルなテクニカルチャートを
完成させるというのも、ビットコインFXで稼ぐ1つの方法です。

 

デモトレードで稼ぐ練習をする

ビットコインFXを取り扱う業者の中には、ビットコインFXをデモトレードで練習できるところもあります。

 

デモトレードであれば、どれだけ取引を行っても、利益が出ることもなければ損失が出ることもありません。
さらに、実際のビットコインの相場価格を反映したチャートを利用できるところもあるので、利益を上げるイメージが掴みやすくなります。

 

もちろんデモトレードでもテクニカル指標は利用できるので、テクニカル指標が正しく機能しているかチェックすることもできます。

ビットコインFX(仮想通貨FX)の攻略法は?

少ない取引単位で取引をする

ビットコインFXで、確実且つ長期間利益を出し続けるには、大きな取引単位での取引を徹底的に避けることを意識しましょう。

 

大きな取引単位で取引すると、少しの変動で非常に大きな金額が動きます。
大きな利益を獲得するチャンスではありますが、大きな損失と常に隣り合わせの状態になります。
積み上げてきた利益が、一瞬で水の泡になってしまうこともあり得ます。

 

大きなレバレッジを使用することも同じです。
最大25倍までレバレッジをかけることができる取引所もありますが、利益も25倍なら、損失も25倍です。

 

もし利用している取引所が、追証なしのシステムだったとしても、できるだけレバレッジを抑えて、心にも余裕を持って取引しなくてはいけません。

 

「利食い」と「損切り」を的確に!

ビットコインFXでは、含み益が出たらすぐ利食い、含み損が出たらすぐ損切りを、とにかく的確に、素早く判断することが、攻略への鍵を握ります。

 

もちろん、含み益が出ているときに、これからまだまだ相場が上昇傾向にあるという場合もあるでしょう。
しかし、先のことは分かりません。
その後すぐに、相場が急降下することもあり得ます。

 

そうすると、ある程度上げられるはずだった利益が、ゼロになってしまうことも考えられます。
そして、少ない利益でも確実にものにしていけば、最低でもトータル収支がマイナスになる可能性は極めて低いです。
大きな利益のチャンスのときこそ、冷静に判断して目の前の利益をすぐに確定しましょう。

 

含み損が出ているときも同じです。
損失がどんどん膨らみ、相場の転換を待って、なんとかプラスに持って行きたいと思うのは仕方ありません。
しかし、含み損がある状態で長くポジションを持っても、プラス域まで相場が戻るということは、可能性としては低いです。
少しでも含み損が出たらすぐ損切りをして、損失を最小限に抑えましょう。

 

アービトラージを活用する

ビットコインの表示価格は、取引所によって微妙に異なります。
この価格が異なる複数の取引所の価格差を利用して、マイナスを出さずに利益を狙い続ける取引を「アービトラージ(裁定取引)」と言います。

 

複数の取引所の、ビットコインの価格をチェックしておかないといけないので、決して簡単なことではありません。
しかし、場合によっては1BTCで1万円以上の価格差が発生する場合もあり、リスクヘッジとしても非常に有効な方法として、一般的になりつつあります。

ビットコインFX(仮想通貨FX)おすすめの業者は?

おすすめ業者@GMOコイン

GMOコイン
https://coin.z.com/

 

GMOコインは、コマーシャルでもおなじみの大手証券会社「GMOクリック証券」を運営する、「GMOインターネットグループ」が提供しているビットコインFXサービスです。

 

365日、24時間取引が可能な他、取引手数料が無料で、なおかつ追証の制度もないので、トレーダーにとっては安心のサービス体制が整っています。
スプレッドの最低値は500円に設定されており、5倍〜25倍のレバレッジをかけることができます。

 

またパソコン用ツール、スマホ用ツールともに、初心者でも使いやすい仕様になっており、特にスマホ用アプリの「ビットレ君」は、ビットコインFX取引に特化しているアプリです。

 

運営会社の実績も十分な業者ですので、これからビットコインFXを始めたいという方は、ぜひ候補に入れておくべきですね。

 

おすすめの業者ACoincheck

コインチェック
https://coincheck.com/

 

Coincheck(コインチェック)は、「日本一ビットコインが簡単に買える」というキャッツコピーの元、ビットコインFX初心者に向けた、利用しやすいパソコンツール、スマホ用ツールを提供している業者です。

 

他の仮想通貨取引サービス業者と比較しても、リップル、イーサリアムなど仮想通貨のラインナップが多く(13種類)、取引の幅が広がります。
レバレッジを利用した取引は、すべての仮想通貨が対応しているわけではありませんが、選択肢が多いのは非常に魅力的です。

 

最大で5倍のレバレッジを利用した取引が可能で、レバレッジアカウントに資金をチャージしてから行うという分かりやすいシステムです。
チャージした後はビットコイン取引所のレバレッジ取引を選択すれば、すぐに取引が開始できるので、「日本一ビットコインが簡単に買える」というキャッチコピーは伊達ではありません。

 

おすすめの業者BbitFlyer

ビットフライヤー
https://bitflyer.jp/

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2017年現在、ビットコインの取引量日本地位を誇っており、60万人以上が利用している業者です。

 

bitFlyerが提供するビットコインFXサービス「Lightning FX」は、その名の通りに非常に速い取引スピードが魅力です。
プラットフォームの動作が非常にスムーズで、世界最高レベルのセキュリティも完備されています。

 

レバレッジは1倍から、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍まで幅広く用意されており、自分の資金に合った取引スタイルを選択できます。
取引手数料無料のキャンペーンも行われており、期間中にぜひ、最高峰のビットコインFXの取引環境を体験してみてはいかがでしょうか。

ビットコインFX(仮想通貨FX)業者比較表

取引所 取扱通貨 取引手数料 レバレッジ 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

無料 最大5倍
(ビットコインのみ)
詳細
コインチェック ・ビットコイン

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・ダッシュ
・モネロ
・ネム
・イーサリアムクラシック
・リスク
・ジーキャッシュ
・オーガ―
・ファクトム

無料 最大5倍 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン
・リスク

無料 最大15倍 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 0.01% 最大20倍 詳細
みんなのビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

無料 最大5倍 詳細
ザイフ ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

0.7% 最大7.77倍 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム

無料 最大25倍 詳細